武将プレイが出来る信長の野望、それが信長の野望・創造・戦国立志伝です。

今日ご紹介するのは、信長の野望・創造・戦国立志伝です。

このゲームの面白いところは、信長の野望シリーズにしては珍しく、武将プレイが出来るところです。

従来の信長の野望は大名プレイしか出来ないので、部下になって家を支えたり、謀反を起こしたりするプレイが出来ませんでしたが、この戦国立志伝では、それが可能になっています。

もちろん、部下プレイは大名プレイに比べると不自由なところが多いですが、下っぱから初めて天下人にのし上がる太閤秀吉プレイが出来るのは面白いです。

他にも、ここぞという時に主君を討つ明智光秀プレイも出来ます。

それら、色々な武将プレイが出来る点は評価できます。

このゲームは信長の野望創造の3作目なので、ゲームとしても色々とこなれています。

つまり、ゲームとしての完成度が高いのです。

そこも、評価すべき点の1つだと言えるでしょう。

あと、このゲームはわりと難易度が高いので、従来の信長の野望によくある、一地方統一したら後は作業ゲームということがありません。

シナリオによっては、プレイヤーが地方統一を済ませた頃、織田家や豊臣家が日本の半分以上を統一していたりします。

この状況だとプレイヤーは、数の暴力をする側ではなく受ける側になるので、やりがいがあり、実に面白いです。

これだけ面白いゲームなので、歴史や戦国が好きなら、一度やってみるべきでしょう。